リフォーム アルファテック
                   

営業時間10:00~18:00(水・木定休)

  • お電話
  • ご予約
  • メニュー

断熱・省エネ診断

可児・多治見・土岐でリノベーション・リフォーム工事なら「カエール」

断熱工事…実はそんなに金額が変わらない!

リフォームのついでに断熱工事を!
まず無料建物調査でチェック!

断熱等級の比較表

※表は横スクロールできます

等級 基準 策定年 UA値 Q値 断熱材例(一例) 必要
エアコン台数
光熱費※一定の仮定において
国土交通省試算
カエール 0.56 1.86 床:フェノバボード50㎜
壁:アクアフォーム75㎜
天井:アクアフォーム200㎜
サッシ樹脂複合+
複層ガラスLow-E断熱
0.93台 33万4千円
⇒6万円
273,622円
削減
等級
4
次世代
省エネ基準
平成11年
(1999年)
0.87 2.7 床・壁:グラスウール100㎜相当
天井:180㎜相当
サッシ:アルミ+複層ガラスor
アルミ単板+内窓設置
1.35台 約7万2千円/年
等級
3
新省エネ
基準
平成4年
(1992年)
1.54 4.2 床・壁:グラスウール55㎜相当
天井:85㎜相当
サッシ:アルミ+単板ガラス
2.25台 約15万5千円/年
等級
2
旧省エネ
基準
昭和55年
(1980年)
1.67 5.2 床・壁:グラスウール30㎜相当
天井:グラスウール40㎜相当
サッシ:アルミ+単板ガラス
2.4台 約27万2千円/年
等級
1
基準無 1980年
以前
無断熱
サッシ:アルミ+単板ガラス
想定
内外温度差20度
延床面積30坪
約34万3千円/年

燃費診断

サーモグラフィーや小屋裏・床下診断の結果をもとに正確な現状の把握をし適切な断熱材をご提案させてただきます。
その土地の気候、風土や建物の構造によって断熱材を間違えるとかえって家の劣化の進行を早めますので、プロによる診断をお勧めいたします。

調査というと大げさに聞こえるかもしれませんが、解体後の追加工事の発生やトラブルを防ぎ安心安全なお住まいをご提案させていただくためには、このようなお住まいの調査は欠かせません。

来場予約・お問合せはお気軽にどうぞ

                       

営業時間10:00~18:00(水・木定休)